クラシアンのような水道局指定工事店とは?
クラシアンのような水道局指定工事店とは?

水道局指定工事店になる方法

それでは、最初のページでも紹介をした「水道局指定工事店」というのは、どのような条件でなることができるものなのでしょうか。ここでは、水道局指定工事店になるための方法とその仕組みについて簡単に紹介します。水道局指定工事店になるためには、それぞれの地方自治体によって行われている事業登録を行う必要があります。この事業登録を行う場合に、監督指導などが行われる仕組で、十分な知識や技術力がある事を証明して始めて水道局指定工事店として活動をすることができす。

また、水道局指定工事店となるための条件の一つとして、専属の水道設備責任技術者の在籍が挙げられています。こういった人が在籍をして、しっかり管理を行い、責任を持って作業できるような環境のある業者でなければ、水道局指定工事店として活動ができないことになります。ただ、指定工事店になるためには大規模な企業でなければならないというわけではありません。支店単位でみた場合には在籍している人数が10人以下ということも少なくありません。クラシアンは多くの支店を持つ水道局指定工事店であるため、各地をカバーするように対応できるようになっているのが強みの一つです。

ページの先頭へ戻る